女友達に悩みを相談された時、果して答えは必要なのか?

カップル

女性の悩みは、いくつになっても尽きることはないのかも知れません。

独身時代の恋愛や仕事の人間関係、家庭を持った後は育児やお金に夫の浮気に至るまで、人それぞれいつも何かしら悩みを抱えているものです。

もし、あなたが女友達に悩みを相談されたら、どのようなアドバイスを心がけていますか?

 

女友達が相談してくる場合、答えは大幅決まっている

カフェで会話をするカップル

一概には言えませんが、女性が悩みを相談してくる場合の答えは大かた決まっていることが多いようです。

女性が何かを真剣で悩んでいる時は、大抵一人でじっくり考えており、ある程度意志が固まったところで初めて周囲に相談するのだとか。

ですので、相談された側としては、相手の意向を素早く読み取り、それに賛同する形を取ることがベターなのかも知れませんね。

これはあくまでも、相談した側が望むアドバイス方法にはなりますけれど.

 

とにかく黙って真剣に聞くこと

黙る

女性は、話すことでストレスが発散できます。

話している最中、相手が一度も意見を求めてこない場合は、あなたに結論を求めていないことが分かります。

そんな時は、黙ってうん・・うん・・と頷きながら聞いてあげることで、相手のストレスを解放してあげる方向に持っていきましょう。

女性には、時に答えのいらない悩みと言うものが間違いなく存在するのですから。

 

カウンセリングで使われる『傾聴』が効果的

相槌

少しだけ難しい話をしましょう。

カウンセリング用語の「傾聴」を知っていますか?傾聴とは、話をする相手に寄り添いつつ、共感的に聴くことを言います。

誰かに悩みを相談された時、それを「ただ耳だけで聞くのではなく、目や心、全身で受け取って聴くという聞き手の態度」のことをさします。

この傾聴は、相手が抱える悩みや疑問を解消することにとても効果的で、相手との心の距離をぐっと縮めることができます。

傾聴で大切なことは相手をありのままに受け入れること、想像力を働かせて共感し、話し手の心の違和感を無くしてあげることです。

これはカウンセラーの基本技術として知られており、女友達からの悩み相談はもちろん、どんな相手に対しても良い効果を生み出すと言われています。

 

女性と男性は、悩み相談で求めることが違う

理解する

あなたにもし男友達がいるのなら、女友達からの悩み相談との大きな違いに気づくかもしれません。

女性は悩みを持つとそれを誰かと共有したいと考えます。

「それは辛いよね」「大変だね、大丈夫?」そんな言葉をかけてもらうと心はすっと落ち着き安心します。

一方で男性は全く違います。男性の悩み相談は感情の共有よりも具体的な解決策を求めていることがほとんど。

それは男女の根本的な違いであるのです。

もし女友達から悩みの相談を受けたら、これらのことを少しだけ思い出してみてください。

きっと、「あなたに相談して良かった」と心から思ってくれるはずです。

 

「確かな浮気の証拠をつかみたい!」でも最初の一歩を踏み出せないあなたへ

浮気女性
初めて探偵に依頼しようか考えた時。とても勇気が必要かと思います。

浮気調査を依頼する時に「いつ、調査を依頼した方が良いのか?」迷いませんか?

「いつ、浮気相手と会うのかわからない…。」

「浮気相手と会わなくても料金が加算される…。」

だから、調査日を決めることは難しい。

そのようなことでお悩みではありませんか?

わからないのは、当然のことです。
だから、調べたいと思うのですから。


でもご安心下さい。

私たちには、探偵にお任せするだけで、追加料金なしで証拠をつかむプラン(札幌市・千歳市・苫小牧市近郊エリア限定)のご用意があります。

詳しくはこちらをクリックしてください。