私たち探偵に浮気調査を依頼することによって回避できるリスクとは

カップル

パートナーに浮気の疑いがある時。

まずは自分でどうにか調べてみようと考えてしまう方が多いのではないでしょうか?

今回は、自分で浮気を調べようとしているあなたに、探偵に浮気調査を依頼することによって避けられるリスクについてお話しします。

 

自分で浮気を調べようと挑戦はしてみたものの。。

悩む男性

実際にあなたのように自分で調べてみようと動き出す方もいらっしゃいます。

どこまで調べたかは差はありますが、弊社に依頼するお客様は、ある程度、浮気の確認が取れてから依頼するお客様が多いです。

 

浮気の証拠を掴むためには、尾行や張り込みをして浮気の現場を押さえなければいけません。

簡単なようにも思えますが、尾行や張り込みは時間と根気がとても必要となる作業なのです。

例えば、建物の出入口などから出てくるところをじっと見ていれば、周囲の人からはとても不自然な様子に見えてしまいます。

気が付けば、周囲のお宅の住人に声をかけられたり、自分の車の後ろにパトカーが停車するまで気が付かないなんてこともあるのです

警察官からの職務質問では、あなたの様子によっては深く追求されたりすることもあります。

そんな時に、パートナーの浮気を調べていますとは、言えません。

また、相手に見つからないように、スマートフォンやカメラで撮影するのは、簡単ではありません。

何とか撮影をできたとしても、ピントが合っていなかったり、後ろ向きで詳細が確認できないような写真しか撮れず、証拠としては程遠いものしか撮影できないことが当然かも知れません。

ですから、そのような経験をした後にセルフ浮気調査をあきらめ、弊社に依頼されるお客様もいらっしゃいます。

 

パートナーにあなたの追跡が発覚された時(セルフ浮気調査バレ)のリスク

弊社では、お客様がセルフ浮気調査でパートナーや浮気相手に発覚される前にご相談をいただいたのなら、まだ良かったと思います。

なぜなら、これから証拠がつかめる可能性が十分あるからです。

万が一、パートナーに発覚されてしまうと、証拠を掴むのがさらに難しくなります。

例えば、誰かが追跡してきたり、監視をしていなか確認するために、不自然な行動を繰り返すのです。

毎回こんなに周囲に気を使いながら浮気相手と密会していては、疲労困憊するのでは?と疑問を感じますが、実際に現場ではそうなのです。

さらに、それだけではなく、夫婦関係が急激に悪化してしまい、証拠を押さえる前に家庭の状況が大きく変わることもあります。

例えば、急に別居することになったりとか。

ですから、その前にセルフ浮気調査をせずに早めにご相談して欲しいと思います。

 

最後に

私達は、今までの浮気調査の現場経験から、あなたの家庭内の状況に向けてアドバイスを行い続けることもできます。

また、パートナーに気づかれないように追跡や監視を行うこともできます。

さらに、パートナーの動向が見えなくて浮気調査を依頼するタイミングがわからないと不安な方でも、段階を追って調査を進めていくこともできます。

パートナーや浮気相手との話し合いはもちろん。万が一、裁判になった際も有効な証拠として活用できる証拠を押さえるまで、粘り強く調査を行いますので、あなたが実質的な調査がご希望でしたら、私たちにご相談ください。

何かきっとお役に立てるアドバイスができるかと思います。

 

-お役立ち情報
-