身近な人から盗聴器を仕掛けられている可能性は意外とある

国内で、年間20万個以上の盗聴器や盗撮器が販売されていることをご存じでしょうか。

盗聴器なんて言葉を聞くと、映画やテレビの中の世界と考えがちですが、実際は一般家庭への取り付けが半分を占めている状態だと言われています。

ですが、いまだに盗聴や盗撮を取り締まる法律はきちんと制定されておらず、個人のプライバシーは常に危険にさらされています。

もし、あなたが今、家庭内や男女間、隣人トラブルなどを抱えている場合は、盗聴器が仕掛けられている可能性も考えられます。

一度、盗聴器の探索調査をして、安心できる環境をとりもどしてはいかがでしょうか?

 

盗聴器の種類

一般家庭に紛れ込みやすい盗聴器として、コンセント型や延長コードに偽装された盗聴器電などが挙げられます。

乾電池からの電池供給の盗聴器は、一定期間ごと電池交換をしなければ使用できませんが、コンセント型コンセントから電源を半永久的に供給されるとあって、生活音や会話などのプライバシーが送信し続けられる恐れがあります。

また、置物や飾り物に入っている場合は、乾電池とは言え容量の大きい電池が入っていれば、長期間の盗聴が可能になることでしょう。

 

盗聴器調査は内密に

言わない

「盗聴されているかもしれない」と悩みを抱えていても、それを周囲に相談することは絶対に避けましょう。

盗聴器を仕掛ける人物は、基本的にあなたの身近にいる人物が十分考えられます。

夫や妻、恋人などのパートナーであったり、親や友人、隣人であったりと、あなたとの人間関係が密な人物である可能性が高いのです。

気軽に悩みを相談してしまったがために、調査する前に盗聴器を取り外された後、再度取りつけられたと言ったケースも報告されています。

盗聴が気になるようでしたら、弊社にお任せください。

その際、盗聴されているかもしれない自宅からの電話ではなく、自宅から離れてケータイなどを使ってご相談下さい。

 

盗聴器を仕掛ける目的

一体盗聴器を仕掛ける犯人は、どのような人で、目的は何なのでしょうか。

個人の盗聴目的の種類は大きく分けて4つあります。

ストーカー

相手はターゲットとなるあなたに関して「今何をしているのかを知りたい」「異性との関係を探りたい」そのような欲望を満たすために盗聴をします。

ストーカーは元恋人だったり、あなたに秘かに恋愛感情を抱く友人や知人の場合もあります。

 

浮気確認

配偶者や恋人の浮気や不倫を疑い盗聴器を仕掛けます。

あなたが部屋に異性を連れこんでいないか、または、異性との電話の会話が気になり盗聴をします。

 

空き巣犯などの犯罪者によるもの

住人の動きを知ることで留守であることを把握、侵入しやすくなります。

 

悪趣味の延長の行動

これはターゲットが決まっているわけではありません。

残留盗聴器の電波を拾い、誰かの生活音を聞くことに快感を覚えるという病的な思考による行動です。

 

あなた自身でできる盗聴器対策

今世の中は盗聴器にあふれている時代です。

パートナーに浮気を疑われていたり、接待を伴う飲食店にお勤めであったり、恋人との別れにこじれている場合には、「盗聴なんて私には関係ない」と思わずに、常に盗聴される危険性があることを頭に入れておくことが大切です。

 

例えばよく使われるコンセントタイプの盗聴器。

これはどれも同じような見た目から盗聴器を仕掛けられても気づかないため、例えば簡単に剥がせないシールなどの目印を付けることで、すり替えられたらすぐに気づくことができます。

また、隅々の掃除をしながら家中をチェックするのも良いでしょう。

予め対策を取っておくことと、違和感を感じたら放置せずにすぐに対応をすることで、被害を最小限に抑えることができます。

もし、盗聴されているようで気になるようでしたら、お気軽にご相談下さい。

投稿者プロフィール

萬徳 聡
萬徳 聡代表
総合調査事務所アイスターオフィス 代表。全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年、独立開業。札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。

詳しいプロフィールはコチラ!