【浮気癖の夫】今回も私の直感はマチガイない!もう曖昧な状態で浮気は許さない!

あなたの嫌な予感は、今回も当たっているかも知れません。

特に女性の直感って鋭いものですから、早期にご主人の浮気に気付いていることが多いようです。

そこで今回は、浮気癖のあるご主人の浮気を疑っている奥様がすべきことについてお届けします。

 

浮気は認めたら負け!彼女のことが知られても証拠がなければ大丈夫!

夫婦喧嘩

 

ご存知だと思いますが、ご主人の浮気に直感で気付き、問い詰めても浮気を認めることはありません。

なぜなら、浮気を認めれば、浮気相手の女性に大変迷惑がかかってしまうからです。

交際相手が職場の同僚や部下であったり、既婚者であったりすれば、浮気を認めたことによって影響を及ぼすことは大きいです。

「浮気を認めたり、交際女性のことを教えたら、妻は黙ってはいない!」

ご主人は、そのようなあなたの性格を知っているのです。

そうなれば離婚や慰謝料、職場での評判や人間関係、左遷や退職にまで追い詰められるかも知れないのです。

 

腹立たしいとは思いますが、当然、交際女性に嫌われてしまえば、今までのような関係を続けることもできなくなってしまいます。

「見つからなければ、大丈夫!このまま上手くやって行こう!」

浮気や不倫を続けている人の常。

ですから、あなたに浮気を疑われても、交際女性が特定されて、確たる証拠がなければ浮気を認めることはないのです。

 

浮気がバレても、交際女性との関係は続くことも。

 

例えば、あなたに浮気がバレて夫婦関係がゴタゴタになったとしても、しばらくすれば、浮気相手との交際が再開することがよくあります。

これは確たる証拠もなく、曖昧な状態でご主人の浮気問題を許したケースに見られることが多いようです。

 

浮気夫

子供が云々言っているけど、妻は離婚は絶対したくないのはわかっている。

いや、離婚はできないでしょ。生活がきつくなるからね。

結局、離婚したくないから、浮気を許すしかないんだよね。

しつこく言ってくるなら、今回も離婚話を切り出すかな。

 

そんなあなたの家庭を大事にする気持ちを利用されたとも言えるでしょう。

今まで以上にあなたの様子を警戒しながら、もっと巧妙に交際女性との交際を続けていくのです。

確たる証拠がなく交際女性のことを知られなければ、交際女性があなたに攻められることはありませんから。

 

最後に

いかがでしょうか。

今回は、ご主人の浮気を疑っているなら、まず確たる証拠をつかむことの必要性をお話ししました。

確かな証拠がなくては、しっかりと話し合いができません。

また、万が一あなたの望む方向とは逆の方向へ話が進んで行った場合でも、お子様を守ることができなくなってしまうのです。

ですから、疑わしいだけで話に臨むのではなく、万が一のことを考えた上で動きましょう。

 

 

浮気癖のある人は、何度も浮気を繰り返す可能性が非常に高いことはわかっています。

一時的には、反省しているふりをしつつ、自分の責任逃れに必死です。

そんな中でも裏では女性と連絡を取っていたり、マッチングアプリで次の遊び相手を探す器用さも持っているのです。

喉元過ぎれば熱さを忘れ、再び、自分勝手な行動を再開することもわかっています。

まずは、白黒ハッキリできる確かな証拠を押さえることが先決です。

ご主人の確かな証拠をつかみたいとお考えでしたら、ご相談下さい。

 

-浮気・不倫のお悩み
-,