夫が単身赴任先で浮気するのは仕方のないことなのか?

悩む男性

世の奥さまたちにとって、夫が単身赴任することは多少の不安がつきまとうものです。

男の一人暮らしとなると、食事や洗濯などの心配もさることながら、赴任先での不倫トラブルなんて絶対に避けたいもの。

ですが、赴任先が遠距離であったり、子供やペットの世話などで忙しく、「なかなか偵察に行けないわ」と言う奥さまもきっと多いはずです。

浮気を未然に防ぎたいと思うのは当然ですが、もし怪しいなと感じたらすぐに手を打つことは、不倫を長引かせないためにも重要なポイントです。

今日はそんな、単身赴任中の浮気についていろいろ調べてみました。

 

寂しくさせない

親子

これが全てとは言いませんが、単身赴任中の男性が浮気をする理由は「寂しかったから」が断然多いのだそうです。

今まで当たり前のように家族と暮らしてきた男性が、ある日突然明りの灯っていない家に帰宅するのは想像以上に寂しいものです。

また、新しい職場や生活環境の変化へのストレスも、男性が浮気に走る理由の一つになっています。

浮気を未然に防ぐためにも、ビデオ電話やSNSを駆使して、一人帰宅した夫が寂しく思わないようにしてあげると良いですね。

まずは、赴任中の夫が抱える悩みやストレスなどを解消する手助けをしてみませんか?

そうした妻の想いが、夫の不倫を未然に防ぐ手立てになるのかもしれません。

 

浮気の証拠は早めに入手

夫を疑う

夫の様子がおかしいと感じた時は、速やかに行動に移りましょう。

本気になる前に浮気の芽を摘み取ることはとても重要ですが、単身赴任の場合は気付いた時には取り返しのつかない状態になってた…なんてことも多いので特に注意が必要です。

遠距離の場合、探偵に調査依頼することもおススメですが、その際は赴任先にある探偵事務所に依頼した方が、よりスピーディーに着手してもらえます。

どこに依頼したら良いかわからない場合は、ネットで「苫小牧市 探偵事務所」「札幌市 浮気調査」など検索ワードを打ち込むことで、地元で探偵事務所を見つけることができます。

また評判の良い探偵事務所をお探しなら、弁護士からの紹介をいただくのもいいですね。

離婚するしないは別にして、浮気の証拠や浮気相手の素性を把握しておくことは、今後の展開において有利に進むと言えるでしょう。

 

妻がいつ来るか分からない状況を作る

鍵を手渡す

単身赴任先になかなか偵察に行けない状況は、おそらく多くの人が同じです。

夫もそれを分かって浮気してしまうのですから、「妻がいつ来るか分からない」という状況を作っておけば抑止力となります。

「仕事忙しいんでしょう?今度掃除しに行くね!」

「栄養ある物食べてもらいたいから、料理が上手くできたら持っていくからね!」

「近々会いに行くね!」

このポイントは、いつ来るか分からないということと、愛する夫を心配する妻の行動であることです。

夫はそういう妻の言動を無下に断ることができないはず。

実際にすぐに行くかどうかは別にして、行くかもしれないと宣言しておくことで浮気を防ぐことができるのです。

 

浮気は仕方のないこと、ではない

家族

確かに単身赴任中は浮気をしやすい環境です。

でも浮気はしても仕方がない、と考えるのは間違いです。

世の中には単身赴任をしている人がたくさんいますが、その全ての人が浮気行為に走るとは限りません。

妻のこと、家族のことが一番だと思えば、浮気という裏切り行為ができないはずです。

久しぶりに帰ってきた時は、「やっぱり家族って良いな」「妻が一番だな」と思ってもらえるよう、精いっぱいおもてなしをしましょう。

そして夫がいない生活は寂しいということ(例え寂しくなかったとしても)をきちんと伝えて、家族一緒に過ごせることが一番であることを伝えましょう。

あなたが不安に感じることは、きっと夫も不安なはず。

浮気しないために、単身赴任中は積極的に気持ちを伝えていくことが最も重要なのです。

 

「確かな浮気の証拠をつかみたい!」でも最初の一歩を踏み出せないあなたへ

浮気女性
初めて探偵に依頼しようか考えた時。とても勇気が必要かと思います。

浮気調査を依頼する時に「いつ、調査を依頼した方が良いのか?」迷いませんか?

「いつ、浮気相手と会うのかわからない…。」

「浮気相手と会わなくても料金が加算される…。」

だから、調査日を決めることは難しい。

そのようなことでお悩みではありませんか?

わからないのは、当然のことです。
だから、調べたいと思うのですから。


でもご安心下さい。

私たちには、探偵にお任せするだけで、追加料金なしで証拠をつかむプラン(札幌市・千歳市・苫小牧市近郊エリア限定)のご用意があります。

詳しくはこちらをクリックしてください。