ほぼ家庭内別居状態。夫の態度や様子が気になり疲弊していませんか?

悩む女性

既婚女性

「夫の帰宅も遅いし、家ではご飯も食べない」

「たまに外泊をしているけれど、LINEや電話をしても繋がらない」

「コンビニ弁当や外食を繰り返しているようで、帰宅すれば自分の部屋にこもってしまう…」

 

何をしているのか、本当に浮気をしているのか、気になって落ち着かなくなったり、色々なことを想像したり、推測したりして疲弊しまうこともあると思います。

もし、あなたがこのような状況に陥っているのなら、本当はどうなのか、事実関係を調べてみることをおすすめします。

ほぼ家庭内別居状態が長期間続くのは、とても辛いことです。

 

このような状況ではありませんか?

  • 夫は好きな時間に外出し、寝たあとに帰宅する。
  • 食事をしたら自分の部屋に籠って出てこない。
  • 何度も話をしても、直そうとしないので、話したくない。
  • 部屋に籠って寝るまで誰かとLINEをしているようだ!
  • 家事や育児も任せっぱなしで、家のことは何にもしない。
  • 食事を作るのは面倒。夫が帰宅する前に寝るようにしている。

 

最悪な状況ばかり想像して、自分を追い詰めることにもなりかねません。

毎日、眠れなくて、睡眠導入剤を使用するほどになってしまっては大変なことです。

あまりにも関係がギクシャクしているようでしたら、関係修復には時間がかかるかも知れません。

ですが、その前にご主人の行動を把握して、本当のことを知ることから始めてみませんか?

ご主人の行動を把握することで、安心したり、気持ちが楽になることもあります。

自分の思い込みや勘違いだったことに気が付くかも知れません。

離婚を望んでいない方にとっては、本当に浮気をしていたことが明らかになれば、ショックなことにもなりかねません。

ですがもし、離婚をお考えになるのであれば、確かな証拠を押さえ、次の手をを打つこともできます。

もしもの時のために、準備しておきましょう。

 

 

既婚女性

「ダンナの行動を知ったことで安心した。」

「離婚は考え直そうかと思う」

「私が追い詰めていたのかも知れない」

と、調査後にはご主人に対する考えが変わったお客様もいらっしゃいました。

 

調査結果によっては、自分の思い込みで夫を責めていたことに気付くことがあるかも知れません。

調べてみることは、無駄なことではありません。

これも勇気を持って行動した結果です。

価値のあった調査だったと思います。

 

私たちの調査方法では、色々と状況や目的に合わせておすすめできる調査方法もあります。

「何をしているのか、本当に浮気をしているのか、気になって落ち着かない」

でお悩みの方は、まずはご相談下さい。

 

  • この記事を書いた人

萬徳 聡

総合調査事務所アイスターオフィス 代表。 全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年に独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。  
■プロフィールはこちら!

-家庭問題