難しいと言われる専業主婦の離婚。準備しておきたいポイント4選

専業主婦が夫と離婚するのは決して簡単とは言えません。

ましてや子供がいる場合、親権をどちらが持つかといった問題や、引っ越しによる転校の準備など、重要な課題が山積みになってきます。

そこで今回は、離婚を意識した専業主婦の方へ、これから水面下で準備しておきたいポイントについて挙げてみます。

 

なるべく貯蓄に回す

お金

 

専業主婦が離婚する上で必要なのは、やっぱりお金です。

実家が裕福で住居や生活費を援助してくれる場合は特に問題はないかと思います。

しかし、多くの方は働いてお金を稼ぐ必要が出てきます。

ですが、離婚をしてもすぐに仕事が見つからなかったり、見つかったとしても給料が希望額に満たないケースも考えられます。

まずは、離婚を決意した瞬間から日々の節約を心がけ、なるべく貯蓄に回すように心がけていきましょう。

その際、自分名義の口座やクレジットカードを内緒で作っておくことをおすすめします。

特に、クレジットカードは家庭の年収によって判断されるため、離婚後に作成しても審査が通らない可能性が高くあります。

ですから、予め準備しておくことが大切です。

 

仕事を探しておく

 

ご主人の不貞行為が原因で離婚に至ったとしても、慰謝料や養育費だけでは離婚後の生活は成り立ちません。

離婚後はあなた自身で生活できるよう、仕事を見つけて働かなくてはなりません。

長期間専業主婦をしていると、自分が働くことができるのか、または仕事が見つからないのではという不安から、離婚をあきらめてしまう奥様も少なくないようです。

離婚する場合は、いきなりご主人に申し出をするのではなく、あなたの生活基盤をまず整えることが大切です。

仕事をしたことがなければ、まずはパートから始めてみて仕事の勘を取り戻し、それから正社員の仕事を探すようにしてみてはいかがでしょうか?

協議離婚でも話し合いが決着するまでは、長い時間がかかることがほとんどです。

話し合い期間は就活期間と思い、仕事探しに専念するようにするとよいでしょう。

 

新しい転居先を見つけておく

離婚の話が長引く場合は、ご主人と別居することも考えられます。

一日でも早く離婚したいと思う場合は、引っ越しを考えることもあることでしょう。

あなたが実家に戻る場合は問題ありませんが、新たな転居先へ引っ越す場合は、引っ越し先を見つけておかなくてはなりません。

少しでも家賃が安い転居先を探す場合は、市営住宅などへの入居を考える人も少なくないようです。

しかし、新しい市営住宅や人気の高い市営住宅の場合、空き部屋がなかったり、抽選になってしまうこともありますので、早めに申し込む必要があります。

 

夫が浮気をしているようなら証拠を集める

カップル

 

もし、あなたが離婚をする原因がご主人の浮気であるのなら、ご主人や交際相手の女性に慰謝料を請求することができます。

しかし、勢いだけで離婚を切り出してしまうと、後悔することになるので気を付けましょう。

 

離婚の理由が夫の浮気や不倫と言った不貞行為があるようでしたら、まずは浮気が本当なのかを確認することが必要です。

また、浮気や不倫の交際が事実であり、離婚の原因としてご主人に非があることが認められれば、ご主人だけでなく交際相手の女性にも同じように慰謝料の請求をすることが可能です。

ですがそういった場合、ご主人の不貞行為を立証させる必要があります。

 

確かな浮気の証拠をご自身で集めることは、状況的にも時間的にも非常に難しいことです。

交際の裏付けを立証できる証拠を押さえるには、言い逃れさせないように押さえておきたいポイントもあるものです。

もし、確かな浮気の証拠が欲しいとお考えでしたら弊社に一度ご相談下さい。

 

また、あなたご自身で直接対決はしたくない。弁護士にお任せしたいとお考えでしたら、夫婦問題に特化した弁護士をご紹介することもできますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

\タップすると通話ができます!/総合調査事務所アイスターオフィス相談窓口

電話受付:年中無休 / 9時~22時

  • この記事を書いた人

萬徳 聡(マントク サトシ)

総合調査事務所アイスターオフィス 代表。
全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年に独立開業しました。
札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。

-ライフ・人生
-, ,