【夫の不倫】裏切り行為をした夫への復讐はコレしかない!

悩む男

30代既婚女性

突然の夫からの離婚通告。とにかく離婚してくれと…。

離婚の理由が、数年前のことやあれこれを並べられて、言いがかりのようなことを言ってきました。

なに今更?って話なんですが…。

 

このようなことは、よく聞く話です。

 

夫からの離婚通告があった場合。

まず疑うのは浮気。

過去に夫が浮気していたことがあったなら、まず、疑うべきです。

 

事例

  • クロの可能性が半々だけども、調査をしてみたら不倫相手の女性の存在が明らかになっただけではなく、親密な交際を続けていた。
  • 実は、離婚通告の裏には、夫が隠れて交際していた不倫相手との関係が深くなっており、奥様を悪者に仕立てて離婚をしようと企てていたことがわかった。

そんな事例は少なくありません。

 

今回は、夫の浮気を確信し、離婚を望む奥様に向けてお話しします。

 

浮気の疑いだけでは優位に立てない

夫婦喧嘩

 

当然のことながら、離婚裁判において、浮気の疑いがあるだけでは優位に立つことはできません。

しかも、疑いの範疇をはるかに超えるであろう、浮気相手とのラブメッセージやツーショット写真があったとしても、残念ながらこれだけでは二人が不貞行為をしていたかどうかの立証はできないことが分かっています。

 

ポイント

離婚裁判では、一夜の過ちと継続的な不倫関係では判決に大きな違いが出るため、裁判において離婚の成立や慰謝料の請求を勝ち取るためには、ご主人と浮気相手が複数回の性交渉を持ったと言う事実を突き付ける必要があるのです。

とはいえ、第三者も認める決定的な浮気の証拠を捉えるには、日頃の地道な証拠集めや裏取りが大切なポイントとなります。

 

もし、あなたのご主人に疑わしい言動や挙動不審な動きが見られたら、まずはスマホのメールや画像やレシートなどを確認して、不審な点を全て画像に残しておくようにした方が良いです。

また、帰宅時間やご主人の発言など、細かな観察日記をつけておくことで証拠のひとつとなったりするので、記録しておきましょう。

あなたの収集した証拠と観察日記。そして、探偵事務所の報告書と、合わせ技で不貞を立証しましょう。

これもそれも、あなたの第二の花を咲かせるプロセスだと思えば、多少困難でも頑張れそうではありませんか?

きっとあなたを良い方向に導いてくれるはずですから。

 

浮気の証拠を集めるメリットとは

 

もしもご主人が浮気をしていた場合、証拠集めをしておくことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

証拠を集めておくと、何よりも浮気をしていたご主人や不倫相手に対して、慰謝料を請求することができるだけではなく、あなたからの離婚請求が認められやすくなります。

ご主人が不倫をしていることを知っていながら婚姻生活を続ける覚悟があるなら証拠をつかむ必要はありませんが、もし、このような状態に終止符を打ち、新たな人生を進んでいく覚悟がありましたら、ご主人と離婚を決断をしなければならないのです。

しかしあなたが強く離婚を望んでいても、ご主人は離婚を望んでいなかったり、離婚条件を盾に離婚を望まない態度をしているようであれば、あなたがご主人の離婚条件をのんで離婚をするしかありません。

たとえご主人が不倫をしていることを知っていてもです。

納得できないと思います。


明らかに浮気をしていた場合でも、浮気を問いただしたところで、ご主人はしらを切りとおすことも考えられます。

そうなると話し合いで離婚できる協議離婚は、まず難しいかも知れません。

 


次に進むのが離婚調停ですが、ここでも浮気を認めなかった場合、最終的に離婚裁判へと進むことにもなり得ます。

離婚裁判では勝訴しないと離婚が認められないため、確実にご主人が浮気をしていた証拠がカギを握ることになります。

離婚裁判で離婚事由となるのが、夫の不貞行為です。

夫の不貞行為が裁判で認められると、離婚請求が認められるのです。

 

あなたを守る最強カード

 

離婚があなたにとって有利な形で終わらないと、離婚後の人生が大きく変わってしまいかねません。

そのため、もしご主人が浮気していた場合は、その証拠はとても重要になるのです。

仮にご主人が不倫相手と一緒になろうと離婚裁判を起こしたとしても、あなたが浮気の証拠を握っている限り、離婚請求が認められにくくなります。

夫の浮気が原因で夫婦関係が崩壊したのに、自分だけのうのうと不倫相手と一緒になることは法律が許してくれません。

また、浮気の証拠を持っていれば離婚を有利に進められますので、慰謝料や養育費などについてもスムーズに話が進みやすくなるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、夫の浮気を確信し、離婚を望む奥様に向けお話ししました。

もし、あなたが確たる証拠が必要とお考えでしたら、一度ご相談下さい。

先程お話ししたような、「ご主人と浮気相手が複数回の性交渉を持ったと言う事実」を、たった数時間の調査ではつかめることはまずありません。

ですから私たち探偵が、あなたのお悩みとご主人の状況に合わせて、柔軟に対応できる最適なプランをご提案いたします。

調査をする価値があると判断できるものでしたら、調査依頼を前向きに検討してみてください。

調査依頼の責務はありませんので、ご心配無用です。

 

  • この記事を書いた人

萬徳 聡(マントク サトシ)

総合調査事務所アイスターオフィス 代表。
全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年に独立開業しました。
札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。

-浮気・不倫のお悩み
-,