家庭不和を理由にあなたに交際を迫る、既婚浮気男のずるい考え

 

既婚男性は、家庭を持っているため、独身男性にはない包容力があると言われています。

刺激、ときめき、征服欲を満たしたい既婚男性と、不倫や浮気を誘う男性に惹かれてしまう女性。

そんな中、恋愛の中でもかなり危険な社内不倫に手を染めてしまう女性も多いようです。

今回は、既婚者から交際を迫られているあなたにお話しします。

 

浮気をしたいともくろむ既婚男性は、家庭不和や夫婦不仲が常套句

 

世の中、ずるい人間もいます。

もし、あなたを口説こうとしている男性が「家庭がうまくいっていない」「妻とはろくに会話していない」などと口にしても、既婚者にも関わらず恋愛を楽しもうとしている人間は、会話や行動にずるさがチラつきます。

なので、決して相手の言葉を鵜呑みすることがないよう、注意深く対応することが必要です。

そもそも、浮気をしたいともくろむ人の大半は、家庭不和や夫婦不仲であることが常套句です。

 

もし彼の言うことが本当であり、家庭が破綻寸前の状態だとして、他の女性と婚外恋愛を楽しめる余裕などあるはずがありません。

ましてや離婚を前提に妻と話し合いをしていたり、既に離婚調停中であった場合に、わざわざ不倫の事実を作って自分の立場を不利にすることは考えられないのではないでしょうか?

もし仮に、彼が本当に離婚を検討していたとしても、婚姻関係が継続している以上、あなたは不倫相手の立場として、彼の妻から慰謝料を請求されるリスクも考えなければならないでしょう。

彼自身、自分の身辺を清算しないまま、妻やあなたにどっちつかずの態度を取るのは、卑劣以外の何物でもないとして、相手にしないのが一番だと思います。

 

それでも不倫関係になってしまったら

 

もし、彼の家庭の不和を本気で信じて受け入れてしまった場合は、不倫関係に陥ってしまいます。

最初は相手の言葉を信じられたとしても、関係が長期間に及んでくると、さすがに本当に妻とうまくいっていないのか、疑ったほうがよいでしょう。

「いつか妻とは別れるつもりだ」「子どもがいるから別れられない」などという男性も多いです。

ですが、本気で話している訳ではありません。

本気で妻と離婚したいのであれば、リスクを背負ってでも離婚します。

子どもがいるから別れられないのではなく、それを言い訳にしているだけです。

 

不倫関係になると、男性のこうした言葉を本気にしてしまう人も多いですが、ほとんどの場合、女性の気持ちを引くためだけに使っていると考えた方がよいです。

不倫関係になってしまった場合、不倫相手のいうことを鵜呑みにしてはいけません。

あなた自身の立場や気持ちを客観視することが大切です。

 

痛い話ですが、もし不倫相手の言葉を信じ、相手が離婚していずれは結婚できると信じているのであれば、不倫関係は解消した方が賢明です。

客観的に考えれば、妻がいるのに不倫関係を続けるような男性は、たとえ奥さんと離婚して結婚することができたとしても、あなたもまた浮気をされる可能性が高いと考えられます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

もし、あなたが彼のことでお悩みでしたら、お悩み解決に向けて、私たち探偵がおチカラになれることもあるかも知れません。

もしよろしければ、一度ご相談下さいませ。

 

 

  • この記事を書いた人

萬徳 聡(マントク サトシ)

総合調査事務所アイスターオフィス 代表。
全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年に独立開業しました。
札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。

-ライフ・人生
-, , ,