浮気調査を依頼する際に必要な情報とは

 

浮気調査の相談・打ち合わせ

面談

面談によるご相談時や、調査を契約した後の打ち合わせの時には、調査対象者(パートナー)と浮気相手と思われる人物についての情報をお聞きします。

日頃、生活を供にしていれば、わかる範囲の情報ですから身構える必要はありません。

もし、以前に探偵を利用したことがありましたら、その時の報告書をお持ちいただけると必要な情報がそろいますので、スムーズに進めることができます。

特に、友人や知人、パートナーから情報を聞き出す必要はありませんので、ご安心下さい。

 

浮気調査に必要な情報

  • 調査対象人物の写真×2枚程(できれば最近のもの)写メでも大丈夫です。
  • 居住先
  • 勤務先
  • 車種・車両ナンバー
  • 交際相手についての情報(ご存知であれば)

調査対象人物(パートナー)の写真がない場合

カメラ

基本的には、調査開始日前に下見調査を行なうのが一般的です。

調査のミスを防ぐためやスムーズに調査を進めるために、調査対象人物の風貌や関係箇所の現場の確認を行なうのです。

なので緊急な調査でない限り、調査対象人物(パートナー)の写真がなくても問題はないでしょう。

もし、対象人物を特定することで必要であれば、お客様に下見調査で撮影した写真を確認していただくなどのご協力をお願いすることもあります。

 

スムーズに調査を進めるには

パソコンで調べる女性

浮気調査はある程度情報が分かっているほど、スムーズに調査を進めることが可能です。

夫の勤務先や居住先などの情報はもちろん、それ以外にも通勤ルートや遅く帰ってくる日時、いつから浮気をしているなど、細かな情報があればあるほど、すぐに調査にとりかかれます。

 

パートナーだけでなく、浮気相手の情報が分かるようであれば、それも一緒に伝えておいたほうが良いでしょう。

勤務先や居住先、年齢や性格、通勤ルートが分かるようであればそちらも一緒に伝えておくようにしましょう。

浮気をしていそうな日時が分かれば、調査員もピンポイントで絞って調査を行うことができますので、調査費用を抑えることにも役立ちます。

とはいえ、ご自身で情報を集めるには限界がありますので、無理に集めなくても大丈夫です。

 

自分で少しでも情報を集めようと行動していると、パートナーに怪しまれてしまうこともあります。

そうなるとパートナーは浮気がバレないように、これまで以上に慎重に行動してしまうので、無理は禁物です。

パートナーの携帯をチェックできるのであれば携帯から情報を集めたり、浮気相手がSNSをしているならSNSから情報を集めておくのも良いでしょう。

また、クレジットカードの履歴などからも宿泊先を限定したり、浮気相手の自宅近くで買い物をしているなら、いつも同じ場所で購入履歴があったりと、浮気のヒントを探すことができますので、そうした情報を入手しておき、依頼の際に伝えるようにしましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

探偵に調査を依頼するとなると、不安なことが多いかと思います。

気になること、不安なこと、調査のことなら何でもご質問ください。

契約を迫ったり、不安を煽ったりすることはありませんので、調査をすることに価値を感じましたら、ご依頼いただけたらと思います。

 

-調査サービスについて
-,