【Q&A】調査のご依頼をお受けできないケースとは

 

「お金さえ支払えば、何でも受けてくれるのでしょ!」

探偵にそんなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

一般的な探偵社では、探偵業法を順守し適正な業務を行っていますので、依頼があれば何でも引き受けるようなことはありません。

では、どのようなケースは、調査依頼をお受けできないのでしょうか?挙げてみます。

 

契約書なし、電話での口頭契約すること

弊社では、調査のご依頼時には、お客様と面談にて打ち合わせを行い、お客様に契約内容の説明をして調査委任契約書を作成します。

電話だけの口頭契約で調査を引き受けることはありません。

電話だけの調査契約は、業法としてもできないことになっています。

 

例えば、契約に関するトラブルになる原因のひとつに、曖昧な調査契約のまま調査の依頼をすることが挙げられます。

きっとあなたが当然やってくれるであろうと探偵に期待することもあるかと思います。

しかし、お受けする探偵の中では、当然なことではなかったこともあり、認識の誤差もあるのです。

ですから、探偵にはあなたの要望をしっかりと伝え、契約の中で取り決めることが重要なのです。

サラッとしか取り決めていない契約には、注意が必要です。

もちろん、調査契約書の記載事項には必ず目を通すこと。

トラブルを回避するためにも、控えも必ず受け取り、保管をしてください。

 

お受けできない調査とは

拒否

弊社では、法律を遵守し業務を行っておりますので、下記の調査についてはお断りしております。

 

  • 犯罪目的や社会的差別に利用する目的
  • ストーカー行為に利用する目的
  • 配偶者からの暴力防止及び被害者保護を脅かす所在調査
  • 盗聴・盗撮行為目的
  • 別れさせ・復縁・復讐工作
  • その他公序良俗に反する目的

ご依頼内容によってはお断りする調査依頼

物理的・状況的に調査が不可能な場合

お客様からの詳しいお話をお聞きした上で、調査が不可能と判断されることについてはお断りさせていただきます。

例えば、

  • 過去にパートナーが浮気していたことの証拠収集
  • 撮影不可能と判断される状況での撮影
  • 特定できていない対象人物に関する調査など

ご要望にお応えできないと判断される場合

私たちは、お客様からのご依頼を責任を持ってお受けするために、下記の該当するケースにはお応えできないと判断する場合もございます。

  • 一般常識的にお応えできない内容の調査依頼
  • 強度の精神疾患と判断されるお客様からのご依頼
  • 情緒不安定でコミュニケーションがとれないお客様
  • 連絡手段が困難なお客様
  • 現在、お受けしている調査案件のお客様へのサービスに支障がでると判断される場合

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たちは、お客様にご満足していただけるように努める中、誠実に責任を持ってお受けするには、お応えできないことやお受けできないと判断しなければならないこともございます。

ですが基本的には、ほとんどそのようなことありません。

お受けしたご依頼については、責任を持ってお応えしますので、お気軽にお声がけいただけたらと思います。

 

 

  • この記事を書いた人

萬徳 聡

総合調査事務所アイスターオフィス 代表。 全国ネット大手探偵社に所属し調査経験を積み、平成16年に独立開業する。札幌市、千歳市、苫小牧市の法人及び個人のお客様より、調査依頼を受け活動しています。  
■プロフィールはこちら!

-よくある質問
-, ,