離婚せずにズルズル…増える家庭内別居

毎年20万組を超える夫婦が離婚する日本。夫婦の3組に1組が離婚している計算になります。

近年のその数は横ばいになっていますが、実はその水面下で増えているのが家庭内別居なのです。

かつては相手が嫌いになったら即離婚、即別居となっていたのが、家庭内別居でずるずる婚姻関係を継続するケースが増えています。

例えば専業主婦で長く過ごしていれば、離婚という決断をすると仕事を見つけ自立をしなければなりません。

子どもがいれば「子どもが大きくなるまでは我慢する」と考え、夫婦間は冷え切っているのにお互いに何も言わないことも。

夫側としても生活費を渡していれば、面倒な離婚手続きや財産分与などをしなくて済むし、離婚しなければ仕事の信用問題や世間体を気にしなくてすむでしょう。

数は少ないのですが、家庭内別居をして夫婦の関係性が修復されたケースがあります。

距離を置いて冷静になることで、相手への有り難みを知り、お互いに気遣いが出来るようになるためです。

まれですが、家庭内別居で円満に過ごすためにルールを決め、夫婦にとって適度な距離を保つことで仲の良い夫婦関係を維持できる人たちもいるのです。

夫婦にはいろいろな形があり、そこには二人の歴史や相性や事情が絡まっています。お互いの幸せを見つけ出せることがベストな方法なのです。

 

どうして夫(妻)の浮気調査をするの?

探偵事務所には、家庭内別居中の夫婦の片方がご相談にいらっしゃることがあります。

その依頼内容は、夫(妻)の浮気調査。家庭内では会話も無く、関係は破綻していると言えるほどの状況ですが、離婚を有利に進めるために依頼されるのです。

通常、夫婦のどちらかが不倫をすると相手方は慰謝料の請求が可能です。

しかし婚姻関係が既に破綻していた場合、夫婦のどちらかが不貞行為をしても慰謝料請求をすることはできません。

ただ「家庭内別居=夫婦関係の破綻」、ということではありません。

関係修復のために、家庭内別居をするケースもあるためです。

「仲の良い夫婦に戻りたくて家庭内別居をしていたが、夫(妻)が不倫をした」ということが認められれば、慰謝料を請求することが出来るため、探偵に浮気調査の依頼がくるのです。

 

探偵事務所は良き相談相手

家庭内別居とは、家庭内離婚とも呼ばれています。平穏を装っていますが、何かきっかけがあれば離婚に踏み切れるギリギリの状況の夫婦も少なくありません。

探偵事務所にはそんなずるずるとした関係を続けるべきなのか、離婚に向けてどのような行動をすべきなのか、様々な相談があります。

あなたにとって夫婦関係はどのような形が一番良いのか、一緒に考えていくこともできます。

第三者である専門家からのアドバイスを受けて、もう一度あなたの未来を見つめてみませんか。

 

 

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛