探偵通信~女性探偵より大人女性に向けた情報サイト~

恋愛や仕事、育児や家事に奮闘する大人女性にお届けする、たった2分で読めるライフスタイル情報。

育児・子育て

育児の悩み…子どもが不良にならない工夫とは?

投稿日:

 

子どもには不良にならず良い子に育ってほしい。

それはどんな親でも願うことです。

「不良」と一言で表しても地域や時代や流行によって変わるものですが、一般的に親との関わり合いをできる限り拒絶し、ストレス発散のはけ口を遊びや外見や様々なスリルに向けてしまうことを言います。

育児はなかなか思い通りにいかないものですが、親が出来ることとして子どもが過ごす家庭環境を整えることが重要なポイントになります。

まず子どもと親が自然と顔を合わせる工夫をすること。

子供部屋を充実させ過ぎると部屋にこもりがちになります。家事の合間に顔を合わせられるように、リビングで勉強をしたり本を読めるスペースを作ってあげられるといいですね。

子どもが反抗期になると会話が成り立たないと悩む親も少なくありませんが、だからと言って会話をゼロにしてはいけません。

挨拶はしっかり、できる限り子どもを笑顔で迎えてあげること。

周囲から子どもの情報を得るのではなく、学校や友達や勉強のことを直接子どもに聞きましょう。

子どもが熱中するものがあれば、それを応援してあげることも大切です。

習い事や趣味、ある程度お金がかかるものもありますが、子どもの熱意をサポートしてあげると他に目がいかずに伸びていきます。

一番大切なのは子どもとのコミュニケーションです。子どもから見て信頼できる尊敬できる親になるのを目標にするといいですね。

 

 

子どもが不良になる様々な要因

これをすれば子どもは不良にならない、という正解がないのが子育ての難しい部分ですよね。

不良になるには家庭環境に問題があるケースがあります。

夫婦でけんかが絶えない、顔を合わせれば小言ばかりの親だと、子どもは家にいることがだんだん苦痛になっていきます。

家に子どもの居場所がないと、子どもは外でのグループに自分の居場所を作りたいと思うようになり、不良グループに入ることに抵抗が無くなっていくのです。

派手な外見、親や学校への反抗心は、グループで想いを共有しやすく、ますますその集団に依存をしていきます。

子どもは正直ですから、親の態度や反応によって子どもの心境も変わっていきます。

反抗期で素直になれない時期もありますが、それはあなた自身もかつてそうだったはずです。

あなたが子どもを不良にさせたくないのであれば、今のあなたと子どもとの距離を考えてみましょう。

口出ししすぎ、干渉しすぎ、世話を焼き過ぎては、子どもは息苦しいと感じているかもしれません。

子どもを信じて一歩下がって見守ってみましょう。

逆に子どもに向き合っていないと感じるのであれば、きっと子どもは寂しがっています。

忙しくても毎日子どもと話をする時間を作りましょう。寄り添っていつでも手を貸せる状態でいること、それが大切なことなのではないでしょうか。

女性探偵リエ
こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛

ブログランキング

ランキングに参加しています!ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

-育児・子育て
-, , ,

Copyright© 探偵通信~女性探偵より大人女性に向けた情報サイト~ , 2017 All Rights Reserved.