専業主婦が離婚を考えるなら自立の準備を始めよう

離婚を考えた時、専業主婦の立場だと収入源が無くなりその後の生活が厳しくなる傾向にあります。

特に子どもがいる場合親権は母親側に有利になり、働いていなくても親権を得られるケースが多くあります。

シングルマザーとして生きていくために、離婚を考えたらまずは自立する準備を始めることが大切なのです。

離婚をする前にまずは自分名義の通帳を作り、自分が使えるお金を作るようにします。

いざ離婚となった場合、話し合いでは折り合いがつかず、調停離婚など費用が掛かることもあるでしょう。感情的にならずにコツコツとお金を貯め、働き口を探していきましょう。

専業主婦という立場から、収入の高い正社員の仕事を探すことは簡単ではありません。今需要のある介護職の資格を取得するなど、就活に有利になる勉強をすることもお勧めです。

またいきなり正社員になるのは不安だという人は、パートから社員登用のある仕事を選ぶのも良いですよ。

段階を踏んで社会で働くことに慣れていけば、スムーズに仕事のレベルを上げていくことができます。

離婚の際慰謝料や元夫からもらえる養育費、自治体からの補助金に過度な期待を持つのはやめましょう。

これから先、一人で家計を支えるという強い覚悟を持って自立をすることが、幸せな離婚に繋がるのです。

 

gatu

世の中には離婚をしたいのに離婚に踏み切れない女性が多くいます。

その理由は様々ですが、やはり多くがお金にあるようです。

特に専業主婦の場合、養われることが当たり前になっているために働き始めることに抵抗があったり、長いブランクで社会復帰できるか不安に思う場合もあるでしょう。

実際にお金のために離婚をせずに長年我慢し続ける女性も少なくありません。

しかしそれはあなたにとって本当に幸せの形でしょうか。

専業主婦が自立をするのは確かにとても大変なことです。

仕事ももちろんですが、生活基盤をあらためて一から整えていかなければならないからです。

ある程度の収入の見込みが立ちそうなら、住居のことも考えましょう。

家賃のかからない実家に帰れるのであればそれがベストですが、もしそれが無理なら職場に近い場所を検討するのが良いでしょう。

子どもとの時間を確保するためにも、出来るだけ通勤しやすい場所を選ぶのが良いですね。

もちろん子どもの学校、子どもが過ごす環境も考慮する必要もあります。

自立の準備は焦る必要はありません。

離婚後の生活のことを考え、ひとつひとつクリアしていけば専業主婦であってもきっと自信が持てるようになります。

明るい再スタートを切るために、一歩踏み出す勇気を持ってみませんか。

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛