探偵通信~女性探偵より大人女性に向けた情報サイト~

恋愛や仕事、育児や家事に奮闘する大人女性にお届けする、たった2分で読めるライフスタイル情報。

探偵・探偵事務所

探偵社と興信所の違いとは?

更新日:

 

「探偵社」と「興信所」、どちらも依頼主の知りたいことに対して調査を行う組織ですが、その違いを知っていますか?

日本の場合、調査をするのに特別な免許や資格は必要ありません。呼び名は違いますがどちらも似たような調査業務を行い、「○○興信所」という名前でも中身は探偵事務所ということは珍しくないのです。

ただ一昔前まで、その調査内容に違いがありました。事務所によってその名残がある場合もあります。

探偵社…社会関係調査(浮気調査、結婚調査、行方調査、行動確認調査)

興信所…経済関係調査(個人信用調査、企業信用調査、市場調査、雇用調査)

依頼内容が異なっていたため、かつてその調査方法に大きな違いがありました。

探偵社は尾行や張り込みをしたり行動監視を徹底することで証拠を収集、裏付けとなる聞き込み調査を行い証拠を固めるといった外観型調査手法を取ります。

一方で、興信所は調査対象者に対して直接電話による聞き取りや面接といった取材的手段を取り後から裏付けをする内観型調査手法が取られます。

ただ今は興信所も尾行調査を行いますし、探偵社も信用調査などを行うなどその垣根はなくなりつつあります。それぞれ個性もある為、依頼前には情報をしっかり確認してから相談されることをお勧めします。

探偵と興信所のルーツから違いを見る

さて、調査方法の違いがわかっても、あなたが調査を依頼したいと思ったとき、「探偵」に依頼すればよいのか「興信所」に依頼すればよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

実はどちらも歴史あるもので、そのルーツから両者の違いを知ることができます。

探偵は元刑事が始めたものだった

世界最初の探偵は19世紀にパリで誕生したのは有名ですが、国内では明治時代から似たような業務を行う企業が生まれました。

現在の探偵の基盤を作ったと言われるのは、元刑事である岩井三郎。彼は過去の経験を活かし、調査方法に聞き込みや尾行、張り込みを取り入れていました。

依頼主は個人で当時より行動調査を行っていたと伝えられています。

日本で初めての興信所は

日本において初めて興信所が設立されたのは明治25年。前述した国内初の探偵とほぼ同じころに、日本銀行理事だった外山修三によって設立されました。

明治維新後に商工業が活性化し、企業間とのやり取りが増える中で、企業の信用調査の需要が増えたという背景があったのです。

その為依頼主や調査対象も企業であることが多かったという歴史があります。

探偵と興信所の歴史はそれぞれ違いますが、今はその垣根はほとんどなく実質的な違いというのはありません。

「こんなこと相談していいの?」ということもどちらも親身になって聞いてくれるはずです。

「探偵」にはこの相談、「興信所」はこれは相談できない、ということはありませんので安心してくださいね。

女性探偵リエ
こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛

ブログランキング

ランキングに参加しています!ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
にほんブログ村

-探偵・探偵事務所
-, ,

Copyright© 探偵通信~女性探偵より大人女性に向けた情報サイト~ , 2017 All Rights Reserved.