法に則った復讐は妻の特権である

 

長年連れ添った夫の不貞行為によって、離婚を決断せざるを得なかった妻の怒りとは、一体どれほどなものなのでしょうか。

この、青天の霹靂とも呼べる不幸を、不倫をした夫だけでなくその交際相手にも怒りをぶつけたいと考えるのは、妻として当然の思いですよね。

もし、夫が既婚者だと分かって不倫をしていた証拠があれば、交際相手にも慰謝料の請求が可能ですので、法の力を借りて双方に裁きを与えることも視野にいれて考えて行きましょう。

ですがその場合、「交際相手が夫のことを既婚者だと認識していた」ことや「2人が肉体関係にあった」事実が浮気の証拠として必要になってきます。

2人が同じ職場であれば問題はありませんが、そうではない場合は裁判所に提出する証拠として、例えば交際相手からのメールに「奥さんにはバレてない?」などと言った文面があると裁判で有効に使うことができます。

その際、「メールの文章はねつ造だ」と反論されないようにするためにも、送信者と受信者が夫と交際相手だときちんと分かるように撮っておきましょう。

 

また、不倫は基本的に密室で行われることが多いため、2人が肉体関係にあることを証明することは難しいと言われています。

ですがだからこそ、密会場所はラブホテルや人通りの少ない車中で行われることが多いのも事実であり、浮気の証拠を集めるチャンスは決して皆無ではありません。

しかし、素人に尾行は難しく顔がくっきり写ったツーショット写真を撮ることは困難を極めますので、選択肢として探偵事務所に浮気調査を依頼することもおすすめの方法です。

 

[cta id=’5734′]

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛