40代女性の抱えるストレスが与える悪影響とは

今まで感じたことのない肌のくすみや、目尻にできるシワやほうれい線などの肌トラブルは、40代女性が抱える悩みの1つです。

女性の多くは40代に入る頃、こうした肌の衰えを実感すると言いますが、これにはホルモンバランスの乱れが大きく関係していることも分かっています。

まず、加齢による生理周期の乱れによってホルモンのバランスが崩れると、肌のターンオーバーに影響が出始めます。

肌のターンオーバーが正常に促されない場合、新しい肌に生まれ変わることができないため、肌はくすんでシミやシワができやすくなるのです。

規則正しいターンオーバーを促す上で最も必要なのは成長ホルモンと呼ばれるものであり、この分泌をスムーズに促しながら新しい細胞を作りだすためにも、まずは質の良い睡眠を取ることが大切になってきます。

また、職場の人間関係だけでなく、夫婦関係や育児に至るまで、女性の抱えるストレスは大なり小なりあるものですが、仕事や家庭でのプレッシャーや喫煙習慣、日頃の運動不足などは自律神経を乱す原因になります。

自律神経の乱れはホルモンの分泌と密接に関係しているため、なるたけストレスを溜めない環境作りが大切です。

「適度な運動を心がけ、深い睡眠を取る」まずはここから始めることで、日頃のストレスの軽減にも役立ててみてください。

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛