ミドル脂臭にも匹敵!?40代女性の気になる加齢臭

 

パートナーのミドル脂臭に困っている妻は結構多いもの。
でもそれって、本当に夫だけが放つ臭いなのでしょうか。

 男女ともに加齢臭はある

男性は、40代にもなってくると髪や顔が脂っぽくなりますが、この時に放つ独特の皮脂や汗の臭いのことを、世間では加齢臭と呼んでいます。

また、加齢臭とは違った主に30代以降の男性に多いとされる後頭部付近から発生する脂くさい臭いを、最近ではミドル脂臭と呼ぶようになりました。

これらは中高年男性特有の臭いとして、世の妻達から不快だと敬遠されてきましたが、実は女性にもこれらの臭いが存在していることが分かってきました。

しかし残念なことに、多くの女性は自分の加齢臭に気付いていないといったデータがあり、臭いに気付かないまま上から香水やボディクリームを付けることで、更に周囲に悲劇をもたらしていることも分かっているのです。

女性の加齢臭を軽減させる方法

女性の加齢臭の原因と言われているものは、ジアセチルと言う脂臭の元となる物質です。

これは加齢による体内の酸化が引き金になっており、女性ホルモンが減少傾向にある30代後半以降の女性に多く見られますが、20代の若い女性でも不規則な生活や偏食、タバコやストレスなどが原因でこの臭いを放つ場合があります。

この女性特有の枯れ草のような苦味のある臭いを軽減させるには、抗酸化や抗菌作用に優れた消臭製品の使用や、野菜を多く摂る食事を心がけること。

その他にも、適度な運動や半身浴で汗をかくための汗腺を鍛えることなどが改善策として挙げられます。

また、皮脂分泌を抑制する働きのある女性ホルモンの減少を防ぐ意味でも、日頃から十分な睡眠を心がけ、家庭や仕事の悩みは誰かに相談するなどして極力ストレスを溜めないこと。

さらに、大豆製品やマグロなどの赤身の魚やバナナなど、女性ホルモンを増やす食材を積極的に摂ることも大切だと言われています。

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛