どうしてなの!?浮気を繰り返す不倫夫の本音と言い分とは

 

なぜ男は浮気を繰り返すのでしょうか。

「浮気は男の甲斐性だ」なんて時代はいつの間にか終わったのに、それでも不倫に走る男性は後を絶ちません。

自分が浮気をしたことで離婚になったり慰謝料請求をされたりと、受けるダメージはきっと大きいはずなのにどうしてなのでしょう。

今日はそんな不倫夫の本音と言い分について耳を傾けてみました。

「寂しい」「甘えたい」

夫婦共働きであったり小さい子供がいる家庭では、どうしても夫のことは後回しになってしまうもの。

ですが、本来男性と言う生き物はマザコン気質であることが多く、常に女性に甘えたいと思っています。

妻が仕事や子供にばかり手をかけていることが分かると、ついつい自分に優しくしてくれる女性の方に吸い寄せられていってしまいます。

時には「家族」という枠から抜け出して、一人の男性・女性として接してみてはいかがでしょうか。

一つ屋根の家に暮らす夫婦といえども、夫はいつまでたっても妻に「女」でいてほしいものなのです。

「家の中が汚い」「妻が家事をしてくれない」

「掃除をしない=浮気」に驚く人も多いかと思いますが、これは家の中が汚くて「帰りたくない」と言う気持ちが、夫を浮気に走らせる理由になっているのだとか。

また、ご飯がおいしくなかったり、家事全般をやってくれないことへの不満から、夫が不倫に至るケースもよく耳にします。

今の時代、決して女性だけに家事を押し付けるわけではないけれど、ついつい妻には家庭的なことを求めるのが男性の性かもしれませんね。

夫がくつろげる家庭を築いてあげることも、妻として時には必要です。

パートナーに早く帰りたいなぁと思わせる、そんな雰囲気作りが夫婦円満の秘訣なのかもしれません。

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛