意外かも?探偵に舞い込むちょっと変わった依頼3選

 

探偵に仕事を依頼するといえば、浮気調査や行動確認などの調査がほとんどです。

しかし、中には「えっ、こんなことまで!?」と驚くような依頼が舞い込むことも・・。

その驚きの内容をご紹介します。

 

家出妻の説得

最初は「家出したまま帰ってこない妻の行方を調査してほしい」という依頼でしたが、無事居場所を見つけて報告したところ、今度は「妻が家に帰ってくるよう説得してほしい」と重ねて頼まれてしまいました。

そして何度か奥様とお会いし、話を聞きながら人生観までも語り・・熱い説得の末、めでたく奥様は自宅に帰ることに・・・。

 

引っ越しやその他の支援

調査終了後、別居や訳ありの退去などの家財道具の処分や引っ越しなど、通常はひとりではできない作業量は業者さんを頼みたいところです。

しかし、いろいろと事情があることも多いもの。

業者さんとはいえ、これ以上に他人に事情を勘ぐられたくない、状況に応じて細かな対応ができない等の理由から、事情を知っている弊社にお願いしたいとの申し出があったりします。

また同じような理由で、指定場所(現地)への同行や送迎を頼まれることもあります。

 

精神疾患の対応

「近所の人が嫌がらせをしてくる!悪口が聞こえてくる!何かの機械で攻撃されている!」と言っている奥様と、奥様が精神的に病んでいるのをご存知のご主人のご来店。

ご主人いわく、「何にもないのは知っているけども、調査して妻に納得いくように説明してほしい・・」「専門家(探偵)が説得すれば、妻も納得するはず!」とお考えのご相談でした。

ご主人には、調査をすることより、奥様を早く病院へ受診させるようにおすすめしました。

 

探偵が出来ないことってどんなこと?

探偵にはちょっと変わった依頼が舞い込むことも珍しくはなく、探偵次第では引き受けるということをご紹介しました。

でも「絶対にできないこと」というのもあります。

探偵に依頼したことが無い人からすると、探偵のドラマや映画から探偵の仕事をイメージする人も多いと思います。

しかしそれはあくまでもフィクションの話。

例えば探偵が対象者の家に無理やり入って調査したり、警察と一緒になって犯人を追いかけまわすようなことはありません。

探偵が行う基本的な調査手段は三つで、「聞き込み」と「張り込み」と「尾行」です。

調査内容によってはこれを超えて行うこともありますが、各法律に抵触する可能性がある行為や社会通念上不適切だと思われる行為、公序良俗に反する行為はNGとなります。

探偵には復讐を思わせるような依頼も時折ありますが、それはもちろん引き受けられません。

 

依頼主の目的を達成できる方法をご提案

「ちょっと変わった依頼」にも必ず目的があります。

「〇〇に悩んでいる」「〇〇を解決したい」という土台があって、「〇〇してほしい!」となる訳ですよね。

現実的に考えるとそれを引き受けられるかどうかは探偵次第となりますが、例え希望する調査が出来なくても、依頼主の目的を達成するために何が出来るのかを考えることは出来ます。

その中には依頼主が考え付かないようなプロの視点での提案や方法もきっとあるはずです。

相談の際はあなたの一番の願いをどうぞ探偵に伝えてください。

色々な探偵に相談してももちろんOK。

あなたが一番しっくりくる解決方法を提案した探偵に依頼するというやり方もあるんですよ。

 

まとめ

こうした変わった依頼を受けるかどうかはその探偵次第ですが、料金さえ払えば多少無理なお願いが聞いてもらえることもあるかも知れません。

いずれにせよ、まずは探偵とよく話し合いましょう。

その際、探偵は便利屋ではないので、依頼が断られる可能性があることも知っておいてください。

 

 

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛