SNSの危険な使い方とは?

 

ブログやfacebook、twitterなどのSNSが人気です。

でも、軽い気持ちで載せた情報から個人が特定されてしまう事例が後を絶たず、嫌がらせやストーカー被害の原因となっています。

どのような使い方が危険なのか、詳しくご説明します。

写真のアップには細心の注意を!

自分では場所が特定されないような背景の写真を選んだつもりでも、見る人が見ればどこで撮ったものであるかは分かります。

しかも、その写真に「近所の○○に行きました」などというキャプションをつけていれば、どのあたりに住んでいるのかが容易に特定されてしまうでしょう。

また、写真にGPS情報や撮影した日時などが記録されていることに気付かず、自ら位置情報を公開してしまうケースもあります。

いつ、どこで、どんな犯罪に巻き込まれるか分からないので、写真の取り扱いにはじゅうぶんに注意してください。

限定公開の落とし穴

多くのSNSには、投稿した内容を限定公開にできる機能があります。

しかし、ブログでは読めなくても検索では一部の内容が丸見えになってしまったり、twitterで友人限定でつぶやいたツイートが不特定多数の人に向けてリツイートされてしまったりと、その安全性にははなはだ疑問が残るのです。

読まれて困るものはSNSには載せず、個人的にメールでやり取りするようにしましょう。

まとめ

いくら匿名とはいえ、

ネット上に公開する内容によっては簡単に個人が特定されてしまいます。

ストーカーから逃げようと引っ越しをした女性が、SNS上に公開した写真から居場所を特定されてしまった例もあるので、安易に個人情報を載せないよう気をつけましょう。

投稿者プロフィール

女性探偵リエ
女性探偵リエ
いつも記事を読んでいただきありがとうございます! こんにちは!元依頼人で小学生の子を持つシングルマザー探偵です♪よろしくお願いします 😛